So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の分(はるかかなたの年代記 双貌のスヴァローグ)

完全にノーマークだったのですが、なかなか評判がいいようなので買ってみました。いわゆるボーイミーツガールですが、なかなかいいキャラが出ていていい感じです。ふゆのさんの絵と合わせて、独特な暖かい感じを出しています。放課後と同じ系統に感じるのはやっぱり絵のせいかな。なんというか、変に転ぶと少女漫画的になってしまう恐れがありますが、この何とも言えない(ちょっとはずかしい)雰囲気のまま、続きが読みたいなと思います。


今日の分(ハイスクールD×D7 放課後のラグナロク)

とうとう朱乃さんがメインの話がやってきました。まあ、バトルメインなのですが、今回のは結構いい感じだと思います。あの精霊が出てきたときには、とうとう本当にファンタジーに入ったかと思いましたが、どうやら本編と関係ないボーナスらしいので、一安心です。嫌いではないですが、さすがに限度が。

7巻も十分おもしろいですが、6巻が凄かっただけになかなかそれ以上は難しいですね。

次の巻は短編集のようです。とうとうあの雪女がでてくるのか。


今月の一迅

はたして、今度のリーナはどっちに向かっているのか?そして、第九を読むことが出来るのか?


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。