So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の分(ライトノベルの楽しい書き方 3)

あいかわらず妄想全開の剣さんです。基本、本田さんの本は登場人物が暴走しまくるのですが、この本は妄想で済ませているのでめずらしく普通に人間ばかりです。これがなかなか恥ずかしくておもしろい。三角関係が妄想じゃなくなる日は来るのでしょうか。

ところで、最近ライトノベル作家ものが増えてきて食傷ぎみです。「ライトノベルの楽しい書き方」と「文学少女」でもうこの系統はおなかいっぱいなのですが。


今日の分(ガジェット 無限舞台 BLACK&WHITE)

これはなかなかおもしろいです。ヒロインは人間じゃないことを忘れているわけですがヒロイン補助の妹もさらに輪をかけて常識がないのでかなり暴走しています。というか、本当の意味での普通の人間はいないなあ。ただ、1巻でこれだけ出すとかなり短期決戦になりそうです。2巻でどのくらい人数が出てくるか?ところで「きゅむっ」は危険だなあ、ぎりぎり綱渡りだ。


今日の分(廃墟ホテルへようこそ。)

なんと言ったらいいのかな?こういう系統は結構あるけど、ぬきんでるものがないというか、最初からみんな変態チックに主人公をあがめていて、どうなのかなあ。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。